Start content

海外野球留学したい人材を育成!

【東広島ポニー】

【東広島ポニー】東広島フィールドオブトリースは、西条を中心とした、中学硬式野球チームです。”野球は試合に出て覚えよう”とアメリカンスタイルなチームであり、野球だけではなく、正しい身体作り・英会話のプログラムも含まれたチームです。野球選手としての成長だけでなく、将来グローバルで活躍できるよう、人材育成にも力をいれております。

詳細を見る

【ポニーとは】

日本にポニーベースボールが紹介されたのは、昭和49年に当時カリフォルニア州ロサンゼルス市で 米国ポニーリーグのフィールドディレクターをしていた故ミルトン・デュベイン氏が知人を通じて初代日本協会理事長の伊藤慎介に紹介したのが始まりです。

その後、伊藤を中心に発足準備が始まり昭和50年5月5日の子供の日、日本ポニーベースボール協会として川崎球場で第1回の日本選手権 大会を開催致しました。翌年にはブロンコリーグ(U-12)も発足致しました。発足の年の8月、日本ポニー代表は日米親善大会のため渡米。ロサンゼルスを中心に7試合を行い3勝4敗。それ以降来日と渡米が1年ごとに繰り返され現在まで40回を超える伝統を継続しています。

また、世界に組織を有するポニーリーグでは毎年米国でポニーワールドシリーズが開催され全米に生中継されています。この大会の予選であるアジア太平洋地域選手権大会にも日本協会も毎年参加し35回を超える出場を果たしています。2013年にはポニーワールドシリーズで日本チームが世界一に輝き、今でも野球殿堂博物館に優勝トロフィーや当時のユニフォームが展示されています。

このような国際的な活動がアメリカ合衆国の歴代大統領から評価され、レーガン大統領からホワイトハウスへ招待を受けたのをかわきりに、ブッシュ・クリントン・オバマ大統領からもホワイトハウスへの招待状を拝受されています。

詳細を見る

【国際交流】

東広島ポニーでは、年2回の国際交流を行います。アメリカカルフォルニア州の野球チームと10日間程の野球ホームステイを企画してます。将来、アメリカやカナダなどで海外野球留学を出来る選手育成を心がけてます

詳細を見る
PAGE TOP