コーチ・スタッフ

Pocket

丸子 ニール 秀人

🗣英語・日本語
監督・会長

4歳から13歳まで、広島県安佐南区で育ち、山本小学校卒業後、祇園中学校で中1を終え、2003年に家族でアメリカのオハイオ州に移住しましたが、英語は一切話せなくて、泣きながら通学。野球のスキルを武器に高校では先発ピッチャーとして、ジョージア州にあるラグランジュ大学に野球推薦で通い、リーグ新人賞を獲得をするも、肘の故障で、大学4年目で退部。
野球があったお陰で、チームメイトと会話をし,自然的に英語を身につけました。
大学卒業後は、アメリカの自動車業界内で、通訳や生産管理の部署で働いていました。このような、日本第三自動車企業で働けたのもバイリンガルであったということは大きなアドバンテージだったと思います。自分が好きな事をしながら身につけた英語です。
これからは、皆様にも自分が好きな事をしながら外国語を身につけ、グローバルな人材になることを心からサポートしたいと思っています!

高島 誠

🗣日本語・英語
GM

広島商業の硬式野球部時代の怪我によりトレーナーを志さし1999年に四国医療専門学校に入学、卒業後 2001年よりオリックスブルーウェーブ(現オリックスバッファローズ)にトレーナーとして入団(オリックス在籍時にはリハビリを担当することも)
その在籍中の2002年にアリゾナフォールリーグに短期トレーナー研修に行き、その頃からメジャーリーグに対するあこがれを抱き、何も知らないアメリカの地でどれくらいやれるのか、 自分の力を試すために、2005年に単身渡米しアメリカメジャーリーグのワシントンナショナルズでの2年間のインターンシップトレーナーを経て(2年間で多くの選手から治療と運動療法を合わせた独自のスタイルを高く評価されたことにより) 2007年より正式採用となる。
そのオフシーズンより日本の子供の肩と肘(野球において致命傷となりうる怪我の多い部分)を救いたいとの一心で、野球肩肘専門のMac’s Trainer Roomを開業し野球の障害を中心に日本での活動を始める

自分は怪我で野球選手を続けることができなくなり、とても悲しかった。一人でも多くの子供たち、若い選手たちに野球を続けてもらいたい

赤沼 淳平

🗣日本語・英語
ピッチングコーチ
コンディションコーチ

2014年立命館高校卒業後、アメリカカリフォルニア州の短期大学に入学。1回生から先発投手を務める。2回生の夏にはサマーリーグ全米トップ20のチームの先発1番手としてプレーし、チームはレギュラーシーズン優勝の成績を残す。2016年テネシー州の4年制大学に編入。2年間先発投手として活躍。ノーヒットノーランを達成し全米週間MVP、リーグの週間MVPにも選出。3回生の夏に全米トップ3のリーグでも先発としてチームを地区2位に、4回生の夏はカナダ西地区のサマーリーグで先発を務め、ベストナイン2ndチームにも選出された。チームは全米サマーリーグ15位にランクインし、地区優勝、リーグ優勝へと導いた。テネシー州の大学では運動科学部から学士号を取得。
2019年米独立アメリカンアソシエーションリーグのGary Southshore Railcatsと契約。2020年Schaumburg Boomersと再契約

刎田 康太朗

🗣日本語
コーチ

・坂少年野球クラブ
・坂中学校 軟式野球部
・県立広島工業高校 硬式野球部
・広島経済大学 硬式野球部

プロ野球選手自主トレ帯同トレーナーの経験を活かし、一般の方から学生さんまでトレーニングやコンディショニング指導をさせていただいています。

玉田竜弥

🗣日本語
コーチ

野球歴

造賀スポーツ少年団
高屋中学校軟式野球部
広島県立西条農業高校硬式野球部
四国学院大学硬式野球部


コメント

地元東広島市に新しく野球チームが出来て嬉しく思います。
今まで培ってきた野球経験を生かし選手の皆さんを全力でサポートしていきたいです。

福田哲也

🗣日本語
コーチ

野球歴

久賀中学校卒業
久賀高校卒業
小学校指導歴3年
中学硬式野球指導歴8年


コメント


自分は中学校2年生の時に小学校からの肩の使いすぎで肩をケガして手術することになりました。
高校ではボールが思うように投げれないなど辛い思いをしました。
その失敗もあり、小学校、中学校での過ごし方が1番大切だと思い指導しています。
まだまだ未熟ですがよろしくお願いします。

梶山 浩一

🗣日本語
コーチ

野球歴

吉田少年野球クラブ
吉田中学校野球部
工大附属工業高校硬式野球部

コメント

小学3年生から野球を始めて成人になっても野球をしましたが小学生の頃、教えてもらった野球が一番頭に残っています。やはり小学生時代が一番大事だと思っています。間違った指導。指導者の自己満足の押し付け。撲滅していきたいと思っています。
自分の少年野球時代は宝物です❗️そんな野球少年を増やしていきましょ〜‼️

坂梨 広幸

🗣日本語・英語
総監督
オーストリア代表監督

オンラインでのサポートや
帰国の際に、コーチングして頂きます!


【記事】


https://number.bunshun.jp/articles/-/833525

https://creators.yahoo.co.jp/okumuramorito/0200034650

野球歴

小学1年からソフトボール
福岡県立福岡中央高 野球部
山口大学 野球部
2009年:ワンダラーズの選手兼監督に就任
オーストリアフル代表&U23監督



コメント

「野球を通して英語とドイツ語を学び、現在こうして異国の地で選手、指導者として野球に関わらせていただいてます。若い世代の日本人にもベースボールは全世界にあるというのを知ってもらうのと同時に、グローバルな選手の育成の手助けが出来ればと思います。」

HIPPY

広島県広島市安佐南区出身のシンガーソングライター。少年時代から野球を初め、甲子園を目指し崇徳高校に入学するが、すぐ怪我をし野球部を退部。その後、男声合唱部に入部し全国大会にも出場!
大学時代の女子仲間から「HIPPY」とあだ名をつけられたのが名前の由来です。
東広島ポニーの公式シンガーとして宜しくお願い致します!

今の自分にも欲しい要素を若くして学べるこのチームって最高すぎますね
そして、学んだことは将来のあなたの人間としての武器になり、計り知れない財産になります
楽しんでね!


【公式サイト】
http://hippy-web.com/

【曲】
君に捧げる応援歌/HIPPY
TEE & HIPPY「dear DREAMER」
四季彩-SHIKISAI / HIPPY

石田 英太

小学3年生から「mission hiroshima」でパルクールを始める。正確かつ自分らしさを表現できる動きを目標に日々練習に励んでいる。
パフォーマーとして、イベントに多数出演。
ワークショップでの講師アシスタント経験も豊富。

<実績>
NINJA GAMES 2019 フリースタイル第10位


こんにちは!石田英太です。
僕は小学4年生の時にパルクールを始めました。パルクールは、人との競争ではなく自分との戦いであること、体をうまく使えるようになることで達成感を感じられることに魅力を感じ、夢中で練習に励んでいます。
僕はまだ11歳ですが、沢山のパフォーマンスやレッスンのアシスタントさせて頂いて、これまで様々な経験を積んできました。
パルクールと聞くと、ビルとビルの間を跳んだり、派手な宙返りを想像するのではないでしょうか?僕も、パルクールを始める前はそう思っていました。しかし、実際に始めてみると想像とは全く違って、最初はレールに乗ってバランスをとったり、受け身の練習をひたすらやりました。この基礎の動きが体に身についていると、一見危険に見える動きも安全に確実にできるのです。
自分の体を思い通りに動かす技術は、怪我の防止や野球の技術の向上の為に必ず役に立つと思います。
皆さん!僕と一緒にパルクールを頑張っていきましょう!